Anker、最大200W出力が可能なソーラーパネルを発表

「Anker 531 Solar Panel (200W)」が発売、Ankerのハンドル付きポータブル電源に最適

Anker Power Conference 2022Fall New Items 18

Ankerが10月27日、プレスイベント「Anker Power Conference 2022 Fall」を開催。最大200W出力が可能なソーラーパネル「Anker 531 Solar Panel (200W)Anker公式サイトで販売開始した。価格は69,990円。その他ECサイトは11月14日より、一般販売は12月2日を予定している。

GaN搭載ポータブル電源「Anker 767 Portable Power Station (GaNPrime PowerHouse 2048Wh)」の充電に最適な高出力ソーラーパネルとして紹介されており、最大5台を並列接続すれば最大960W出力が可能だという。約65万円で、最強の屋外電源ユニットが用意できる。

本体重量は約9.2kg、サイズは、格納時で約60.2 × 57 × 6cm、展開時で約213 × 60.2 × 2cm。Anker 767 Portable Power Station (GaNPrime PowerHouse 2048Wh)への最短充電時間は、5枚並列接続時で約2.5時間となっている。

もっと読む

12本の記事を表示する
ギャラリー

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone用モバイルバッテリー」新着記事
トレンド検索