Anker、キャリー型の巨大ポータブル電源を発売。電子レンジもドライヤーも使えるよ

「Anker 767 Portable Power Station (GaNPrime PowerHouse 2048Wh) 」、販売開始

Anker Power Conference 2022Fall New Items 16

Ankerは11月14日、ハンドル付きの同社最大容量・最大出力のポータブル電源「Anker 767 Portable Power Station (GaNPrime PowerHouse 2048Wh) 」を販売開始した。価格は299,900円。拡張用バッテリー「Anker 760 Portable Power Station Expansion Battery (2048Wh)」(189,900円)、対応する最大200Wソーラーパネル「Anker 531 Solar Panel (200W)」(69,990円)の販売も同時にスタートしている。

特徴は、2,048Whの容量と2,000Wの出力で、ほぼすべての家電製品が扱えること。電気毛布(55W)であれば約26時間、電子レンジ(1000W)でも約1時間50分利用できる。

またリン酸鉄リチウムイオン電池の採用による電池寿命の長さと安全性の高さを実現しており、世界で初めてポータブル電源に「GaN」を搭載している。サイクル寿命は3,000回以上。出力ポート数は13個用意されている。

本体重量は約30.5kg。「Anker 757 Portable Power Station (PowerHouse 1229Wh) 」(約19.9kg)に比べて約10kg重いが、ハンドルが搭載されていることで持ち運びがしやすい可能性がある。本体への充電は、最短で約2時間で完了する。

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2022年11月14日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone用モバイルバッテリー」新着記事
トレンド検索