世界初となるAndroid TV搭載モバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule ll」、発売

200ANSIルーメンの明るさと720Pの高解像度を実現

Anker Nebula Capsule ll 1

Ankerから「Android TV 9.0」搭載のモバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule llが発売された。価格は59,800円。

Anker Nebula Capsule ll」の魅力は、ハンディサイズのコンパクトボディに凝縮された最先端の充実機能。

Anker Nebula Capsule ll」の特徴

Android TV初搭載モバイルプロジェクター

Anker Nebula Capsule ll images 1

「Android TV」をモバイルプロジェクターとして世界で初めて搭載し、動画や音楽、ゲームなど3,600以上のアプリを自由に追加することが可能に。

200ANSIルーメンの明るさと720Pの高解像度、独自のオートフォーカス機能を搭載

Anker Nebula Capsule ll images 2
性能面でも前モデル「Anker Nebula Capsule」から進化。最大100インチの大画面を200ANSIルーメンの明るさと720Pの高解像度で映し出すことができるようになっている。

また、独自のオートフォーカス機能により、即座に投影した映像の傾きや焦点を調整。 壁や天井、テント等をスクリーンに好みの場所で気軽に高精細映像を楽しむことができる。

Scan-Speak社設計のスピーカーを採用

Anker Nebula Capsule ll 4

スピーカー部分には、世界中のオーディオファンから厚い信頼を獲得しているScan-Speak社設計のスピーカーを採用しているため、映画館にいるような臨場感を味わうことができる。

実機をチェック!本体から聞こえる音の良さには驚いた

Anker Power Conference 19 Summer New Products and services 64

再生時間は動画で約で3時間。接続方法はWi-Fi、HDMI、Bluetooth 4.0、USB Type-A、USB Type-Cから選ぶことができる。

サイズは約150 x 80mm、重さは約740gとなっている。

Ankerが6月6日に開催したプレスイベント「Anker Power Conference – ’19 Summer」で現物を見てきたが、明るい会場内でも画面がそれなりに見えたということにも驚いたが、音の良さには驚いた。これは強い。

Anker Power Conference 19 Summer New Products and services 65

購入は下記からどうぞ!

「Anker Nebula Capsule ll」の製品仕様

解像度 1280 x 720 画素 輝度 200ANSI ルーメン
充電時間 約 2.5 時間(15V=2A USB Power Delivery での充電時)
再生時間 動画:約 3 時間(ローカルコンテンツ再生時)/ 約 2.5 時間(Wi-Fi 利用時) 音楽:約 10 時間(Bluetooth スピーカーモード時)
接続 Wi-Fi / HDMI / Bluetooth4.0 / USB Type-A / USB Type-C
サイズ 約150 × 80mm 重さ 約 740g
パッケージ内容 Anker Nebula Capsule ll、Power Delivery 対応 USB 充電器、リモコン、USB-C ケーブル、 クイックスタートガイド
タグ#Anker
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「ガジェット」新着記事
トレンド検索