Anker/Neblua初のストリーミング端末を発表 4K対応、Android TV 10.0搭載

「Nebula 4K Streaming Dongle」を発売

Anker Nebula 4K Streaming Dongle

Ankerは10月6日、スマートプロジェクターブランド「Nebula」より、同ブランド初となるメディアストリーミング端末「Nebula 4K Streaming Dongle」の販売を開始した。価格は8,980円。

付属のHDMIケーブルをテレビ、モニター、プロジェクターなどのHDMIポートと接続すれば利用できる。
Anker Nebula 4K Streaming Dongle 3

Nebula 4K Streaming Dongleは、4K(75fps)かつUltra HDの高解像度出力に加え、HDRに対応。音響面ではDolby Digital Plusをサポートする。また最新のAndroid TV 10.0を内蔵しており、YouTube、Amazon Prime Video、Netflix,Hulu、Disney+、TVer、AbemaTV、DAZNを含む、7,000以上のアプリが利用できる。

Anker Nebula 4K Streaming Dongle 2

ChromecastとGoogleアシスタントに対応しており、スマートフォンやタブレット端末と接続してのコンテンツの検索・再生が可能。専用リモコンは、YouTube、Netflix、Amazon Prime Video、Disney+のアプリを一発起動できるボタンがあり、音声操作が利用できる。

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「ガジェット」新着記事
トレンド検索