Google、日本でアプリ決済の外部解放を容認へ。決済手数料も減額

決済手数料は15%→11%、30%→26%に引き下げ。Appleが続くか、注目が集まる

Mitchell luo UZqq8Oi7PXk unsplash

Googleが、日本においてGoogle Playにおける外部決済システムの利用を容認する日本経済新聞によると、クレジットカードなど外部企業の決済システムも選択できる「試験プログラム」を導入するという。従来はGoogleの決済システムに限定されていた。

まずはゲーム以外のアプリを提供する開発者に限定するが、一定の条件を満たせばゲームアプリでも参加を認めるとしている。

決済手数料も改定する。現状では年間収益が100万ドル(USD)のデベロッパーは、売上高の15%を手数料として徴収していたが、外部決済システムを利用した場合は11%に引き下げる。30%の手数料を支払うトップデベロッパーも、26%に減額するそうだ。

Googleが外部決済を容認したことを受け、Appleの動向が注目される。Appleは昨年8月、他社決済システムへの誘導を許可する方針を発表したが、決済手数料などの変更は行っていない。

公開情報
更新日2022年09月02日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:637310)

    Kindle本がKindleアプリで買えない的な話のやつですかね?

「Googleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索