YouTube公式アプリ、シークレットモードをテスト中か

Private Video Browsing Mode for Youtube

大多数のメンズは「シークレットモード」「プライベートブラウジング」と聞くと、「ああ、はいはい。アレを見たい時に使うアレね」と、ピンとくる人も多いだろう。

これらの機能はトラッキングもされず、閲覧履歴を残さずにブラウジングすることを可能とし、多くのウェブブラウザに標準で搭載されているが、AndroidPoliceによるとYouTubeは公式アプリにシークレットモードをテストしていることが明らかになった!

一部のAndroid版公式アプリで表示されていることが確認

海外ではシークレットモードは「Incognito Mode」と呼ばれ、現在は一部のAndroidユーザーを対象にテストが進められている模様。アカウント画面の「マイチャンネル」「アカウントを切り替える」の下に「Turn on Incognito」という項目が追加されているようだ。

シークレットモードを有効化すると、すべてのアクティビティは記録されないだけではなく、購読しているチャンネル一覧も非表示になる。戻るためには「登録チャンネル」タブ内にあるシークレットモードをやめるボタンをタップするようだ。

もともとYouTubeにはアレ系の動画は投稿できない仕様になっているが、シークレットモードを使用する目的の1つとして、閲覧する動画に基づいたリコメンドがされないようにする、ということもあるかもしれない。

例えば友人に勧められたテニスの動画が気になるので見たいが、見ると「ホーム」に表示される動画がテニスばかりになってしまうのは避けたい、という時には役に立つ。

iPhoneのYouTube公式アプリではいつ頃提供されるかは不明。今までシークレットモードの機能を知らなかった、という人は、iPhoneのSafariでも「プライベートブラウズモード」を利用する方法はあるので、参考にどうぞ!

もっと読むYouTubeまとめ