「iOS 12」、「iPhone 7」以前だと電池持ちが悪化する可能性

ENETREE Wireless Charger for iPhone 06

新しいOSがアップデートされると、毎年必ず出てくる「電池持ちが悪くなった」説。事実である場合もあるが、新しいOSの新しい機能を試したいがために使用時間が伸び、結果的に電池持ちが悪くなる場合もある。

そこで、iAppleBytesが「Geekbench 4」アプリを使用し、「iPhone 5s」「iPhone 6」「iPhone 6s」「iPhone 7」において、「iOS 11.4.1」と「iOS 12 GM」の電池持ちを比較する動画を公開しているので、紹介する!

iOS 12」と「iOS 11.4.1」の電池持ちを検証した動画

テストの結果、iOS 12」のアップデートによって電池持ちが悪化していることが明らかになった。

ベンチマークアプリを使用して電池が完全になくなり電源が切れるまでの時間、および、電池持ちを測定するベンチマークスコアを比較すると、「iPhone 5s」「iPhone 6」「iPhone 6s」「iPhone 7」において全モデルが電池持ちが悪化していることが確認できている。

iPhone 5s iPhone 6 iPhone 6s iPhone 7
iOS iOS 11.4.1 iOS 12 iOS 11.4.1 iOS 12 iOS 11.4.1 iOS 12 iOS 11.4.1 iOS 12
測定時間 2時間58分 2時間42分 3時間00分 2時間36分 2時間54分 2時間42分 3時間11分 2時間53分
スコア 1265 1241 1508 1416 1740 1620 1906 1725

このことから今回対象となっていた端末を使っている場合は「iOS 12」へのアップデートを控えた方が良いかもしれない。

ただし、念頭に置いておくべきなのは、これらのテストはあくまでもベンチマークツールを使用した結果。CPUに高い負荷をかけることによって電池を消費する方法であり、実世界での使用方法とは異なる。

バッドニュースばかりではない。「iOS 12」にアップデートするとパフォーマンスは確かに向上しているという検証動画も公開されているので、そこまで電池持ちには神経質にならなくても良いかもしれない。

あわせて読みたい