iPad Proの5G対応モデル、A14Xチップ搭載で年内発表か

5G対応モデルは、iPad Pro(2020)の”マイナーアップグレードモデル”と位置付けられる模様

Daniel korpai seLBnDRB6 M unsplash

Appleは、年内までに5Gに対応した新型iPad Proを発売する見通しだ。FRONT PAGE TECHのJon Prosser氏によると、デザインはiPad Pro(2020)と変わらず、唯一の違いは「A14X」チップを内蔵することだという。

5Gに対応した新型iPad ProがミニLEDディスプレイを搭載するという噂もあるが、Jon Prosser氏によるとミニLEDディスプレイは2021年のiPad Proに搭載されるそうだ。

Digitimesは今年2月、5Gに対応した新型iPad Proが今秋発売されると報じていた。5nmプロセスを採用した「A14」チップを搭載し、ミリ波およびサブ6の両方に対応した5G通信をサポートする見通しだ。

ストーリータイムライン
4本の記事を表示する
関連キーワード
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索