ソフトバンクオンラインショップ

iPad Air 4のA14 Bionicチップ、ベンチマークスコアが判明か

A13 Bionicと比べて約20%も性能向上、iPhone 12シリーズのパフォーマンスに期待高まる

Ipad air 4 ipad13 2 geekbench performance 2

iPad Air(第4世代)が内蔵するA14 Bionicチップのベンチマークスコアと見られる計測結果が、Geekbench Browserに投稿されている。モデル名は「iPad13,2」、iOS 14.0.1が動作。チップは6コアのプロセッサ、ベースクロック数は2.99GHz、メモリは3.66GBとなっている。

有没有搞措氏によると、「J308AP」はiPad Airのセルラーモデルを意味する。Wi-Fiモデルは「J307AP」だそうだ。

iPad Proと比べてマルチコア性能は下回っている(6コア対8コア)

投稿された計測結果によると、シングルコアスコアは「1583」、マルチコアスコアは「4198」だ。iPhone 11シリーズに内蔵されているA13 Bionicチップと比較して、シングルコアは約20%、マルチコアは約22%も増加している。

iPad Air(第4世代)のほうが、”Pro”を名乗るiPad Pro(2020)よりも高性能になると懸念する声もあった。A12Z Bionicチップのシングルコアは約30%もスコアが低いが、8コアCPUによりマルチコアでは約12%高い。A14 Bionicチップは6コアのCPUとなっており、コア数による性能差が出ている。

なお2020年の新型iPhone(iPhone 12)はA14 Bionicチップを内蔵すると見られている。「iPhone 12」シリーズはさらなる高性能化が期待できそうだ。

関連情報
カテゴリiPad Air
更新日2020年10月09日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPad Air」新着記事
トレンド検索