「iPad mini 4」の「A8」チップは1.5GHz、RAMは2GBであると判明

Ipad mini 4

先日のスペシャルイベントでシレッと発表された「iPad mini 4」だが、「iPad mini 3」に比べて薄くなり軽くなり、性能も向上している。

気になるパフォーマンスだが、Ars Technicaが実施した「Geekbench 3」によるベンチマークテストによると、「iPad mini 4」に搭載されている「A8」チップはクロック数が1.5GHzで動作し、RAMは2GBであると報じている!

iPad Air 2」以下、「iPhone 6」以上の性能

iPad mini 4」の性能は「iPad mini 3」に比べてどの程度改善され、「iPad Air 2」や「iPhone 6」と比較するとどの程度のパフォーマンスなのか。マルチコアのベンチマークスコアを比較した表が以下。

Geekbench score ars technica
【img via Ars Technica

結果、「iPad mini 4」は「iPad Air 2」以下、「iPhone 6」以上の性能であることが明らかになった。「iPad mini 3」に比べて約27%、「iPhone 6」に比べて約5%高いスコアを出すことに成功したものの、1.5GHzトリプルコアCPU「A8X」を搭載している「iPad Air 2」の方が45%近く高いスコアだった。やはり3つ目のコアの存在はパフォーマンスに大きい影響を与えているようだ。

ただし、注意点として上記テストではiOSのバージョンが統一されていない可能性がある。「iOS 9」は現地時間9月16日(木)に正式リリース予定となっているため、「iPad mini 3」や「iPad Air 2」、「iPhone 6」は「iOS 8」または「iOS 9」のベータ版で測定されている可能性がある。

なお、今年11月には発売開始される予定の「iPad Pro」の「A9X」のコア数は不明だが、少なくともRAMは4GBになる見通し。iPadのパフォーマンス性能も既に数世代前の「MacBook Air」を超えるレベルに達してきたかもしれない。

 新しいiPadはApple公式サイトから購入するべし!iPadを比較して好みのモデルをゲット!

  • 学生・教員・PTA役員限定 ▶ 学生・教員向けストア


  • (via Ars Technica