iPad Pro(2018)でiPhoneを充電した時の最大出力は7.5W

Charging iPhone from iPadPro2018 03

iPad Pro(2018)にはUSB-Cポートを搭載しているため、「Apple USB-C – Lightning ケーブル」を利用すればiPhoneを充電することができる。ケーブル1本で約10万円もするデバイスが高価すぎるモバイルバッテリーになってくれるのだ。

気になるのはその出力。「Satechi USB-C パワーメーターテスター」を使って試してみたところ、最大7.5Wの出力となっていることが確認できた。残念ながら高速充電を可能にする18Wの出力は期待できないようだ。

参考に、最大60Wの出力に対応している「HyperJuice 80W USB-C チャージャー」に接続してみたところ、約13Wの出力ができていることを確認。短時間で充電したいときは重宝している。

Charging iPhone from iPadPro2018 04

iPad Pro(2018)はタブレットデバイスとしてはモンスター級ではあるが、モバイルバッテリーとしては必要最低限の機能を備えているようだ。少なくともiPhoneに同梱されている時代遅れの5V/1Aの電源アダプタよりは出力が高いので早く充電されるはず!

関連情報
カテゴリiPad Pro
更新日2018年11月11日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPad Pro」新着記事
トレンド検索