Adobe、「iPad Pro」と「Creative Cloud Apps」の相性の良さをアピールする動画を公開

iPad Pro Apple Pencil
iPad Pro」が11月11日に予約受付を開始することが正式に発表された。最安モデルであるWi-Fiの32GBモデルでさえも94,800円。LTEモデルを選ぶと128,800円となっている。


ただ、クリエイターにとって「iPad Pro」はこれまでの仕事を大きく変えるツールになり得る。「Apple Pencil」と組み合わせることによって今までMacでは得られなかった体験をすることができるかもしれない。

Adobeが「iPad Pro」と「Creative Cloud Apps」の相性の良さをアピールする動画を公開していたので、紹介する!

「想像していたよりも良い」「自然な描き心地」

出演しているイラストレーター達は「Apple Pencil」を「想像していたよりも良い」「自然な描き心地」などと大絶賛。とあるイラストレーターは「画面が大きくなった分、ピンチ&ズームする必要がなくなって便利になった」と語り、単純にディスプレイサイズが大きくなることで生まれるメリットもあることを認識。

以下、どうぞご覧あれ!



「Apple Pencil」を中心に映像が作られているが個人的には「Apple Pencil」無しでもそれなりに魅力的なデバイスになると予想。例えば一向にパソコンがまともに使えるようにならない僕の母親はきっと大画面のお陰で文字が見やすくなり、「Smart Keyboard」を用意すればパソコン代わりとして使うことができるのではないかと期待している。

僕にとって「iPad Pro」は15インチ型「MacBook Pro Retina」の代わりになることは絶対にあり得ないが、12インチ型MacBookとどの程度張り合うことができるのか、気になっている。電子書籍を読んだりYouTubeを見たりするためであれば「iPad Pro」の大画面は間違いなく快適であるはず。

「iPad Pro」の予約開始は11月11日(水)から。購入予定の人はどのモデルにするか、予め決めておくべし!

Apple Online Storeで「iPad Pro」「Apple Pencil」「Smart Keyboard」をチェック!


(via Cult Of Mac

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!