Anker、スター・ウォーズコラボのモバイルプロジェクターとモバイルバッテリーを発売へ

「Anker Nebula Capsule ll R2-D2™️ Edition」は1,138個限定

Anker StarWars Collaboration 3

Ankerは11月20日、映画『スター・ウォーズ」のコラボレーション商品として、モバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule ll R2-D2™️ Edition」、バイルバッテリー「Anker PowerCore 6700 デス・スター™️ エディション」、「Anker PowerCore 6700 ミレニアム・ファルコン™️ エディション」の3製品を発表した。

Anker Nebula Capsule ll R2-D2™️ Edition

「Anker Nebula Capsule ll R2-D2™️ Edition」は、R2-D2のデザインが施された「Android TV 9.0」搭載モバイルプロジェクター。1,138個限定で2020年1月下旬に発売予定となっている。

Anker StarWars Collaboration 2

外観だけでなく細部にもこだわり、起動音に特別にR2-D2のボイスを採用。『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の冒頭でR2-D2がオビ=ワン・ケノービにレイア姫のメッセージを届けるシーンを彷彿とさせる仕様となっている。

シリアルナンバー付きのオリジナルトラベルケースを付属しており、ディズニーデラックスのサービス「Disney THEATER(ディズニーシアター)」アプリもプリインストールされている。

「Anker Nebula Capsule ll R2-D2™️ Edition」の解像度は1280 x 720 画素、明るさは200ANSIルーメン、連続再生時間は動画で約3時間。サイズは約150 x Φ80 mm、重さは約740g。価格は79,800円を予定している。

「Anker PowerCore 6700 デス・スター™️ エディション」と「Anker PowerCore 6700 ミレニアム・ファルコン™️ エディション」

モバイルバッテリー「Anker PowerCore 6700 デス・スター™️ エディション」と「Anker PowerCore 6700 ミレニアム・ファルコン™️ エディション」の2モデルは、帝国軍と反乱軍をテーマにしたデザインを採用。

Anker StarWars Collaboration 6

パッケージは各モデルの特別仕様となっており、LEDや付属ケーブルも帝国軍と反乱軍のイメージに合わせたカラーにこだわっている。いずれも2019年11月22日(金)に渋谷にグランドオープンする旗艦店「Anker Store渋谷パルコ」にて、翌日の23日(土)から先行発売を予定している。

「Anker PowerCore 6700 デス・スター™️ エディション」と「Anker PowerCore 6700 ミレニアム・ファルコン™️ エディション」の電池容量は6,700mAh、重さは約125g。価格はいずれも3,980円を予定している。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone用モバイルバッテリー」新着記事
トレンド検索