Anker PowerCore Speed 20000 第2世代 レビュー

Anker PowerCore Speed 第2世代 20000 レビュー

Anker PowerCore Speed 20000」がアップデートされ、「Anker PowerCore Speed 20000 第2世代」が登場した。

当時、世界最小・最軽量を謳っていたモバイルバッテリーがさらに30%もコンパクトになり、出力だけではなく入力も「Quick Charge 3.0」に対応。従来と比較して約2倍の速さで本体への充電が可能になった。

1台サンプルとして提供してもらったので、「Anker PowerCore Speed 20000 第2世代」を初代モデルと比較しつつ、紹介する!

旧モデルよりも軽量かつコンパクトになり、高性能に!

用意されているポートは出力用のUSB-Aポートが2つ、入力用のMicro USBポートが1つ。ポイントは搭載されているポートがすべて「Quick Charge 3.0」に対応している、ということ。残念ながらiPhoneは恩恵を受けることができないが、対応デバイスを持っている人は重宝するはず!

Anker PowerCore Speed 第2世代 20000 レビュー

もちろん、iPhoneでもAnkerの独自技術「PowerIQ」と「VoltageBoost」の恩恵には預かれるので、モバイルバッテリーとして快適に使うことができる。

両モデルを比較すると目立つのは一回り小さくなったことと、約27g軽くなったこと。たかが数十グラム、と思うかもしれないが、実際に手に取ってみると違いがハッキリと感じられる。

Anker PowerCore Speed 20000第2世代 Anker PowerCore Speed 20000第1世代
電池容量 20,000mAh 20,000mAh
重量 約369g 約396g
サイズ 約 166 × 62 × 22mm 約170 × 82 × 22mm
最大出力 通常時:5V/2A
QC時:最大24W
通常時:5V/2A
QC時:最大24W
USB-C
Micro USB
PowerIQ
VoltageBost
Quick Charge 3.0 入力・出力×2 出力×1
価格 4,599円 販売終了

サイズの違いは大きい。旧モデルはどちらかというと「Anker PowerCore+ 26800 PD」のサイズ(約180 × 80 × 24mm)に近く、電池容量の割には大きかったが、第2世代になって20,000mAhクラスのモバイルバッテリーとしては妥当のサイズ感になった。
Anker PowerCore Speed 第2世代 20000 レビュー
上が第2世代(新モデル)、下が第1世代(旧モデル)

ポートを比較しても分かる通り、旧モデルは「Quick Charge 3.0」に対応していたポートは1つのみ。新モデルは両方とも対応していることが分かる。
Anker PowerCore Speed 第2世代 20000 レビュー
上が第2世代(新モデル)、下が第1世代(旧モデル)

「Anker PowerCore Speed 20000 第2世代」は初代モデルから堅実な進化を遂げ、旧モデルを持っていて「最近ヘタってきたな」と感じるのであれば買い替えを推奨する。旧モデルよりもあらゆる面において改良されているので、買って後悔はしないはず。

個人的にはiPhoneユーザーとしては「Quick Charge 3.0」の恩恵に預かれないため、同じ20,000mAhクラスのモバイルバッテリーを購入するのであれば出力端子が3つある「Anker PowerCore II 20000」かUSB-Cポート搭載の「Anker PowerCore+ 20100」の方がオススメだ。

Anker PowerCore Speed 20000 第2世代」が自分に合う、という人は在庫があるうちに下記からどうぞ!

なお、「Quick Charge 3.0」対応の入力ポートを活かすためには対応している急速充電器が必要。「Anker PowerPort Speed 4」には対応モデルが存在しているので、気になる人はチェックしてみるべし!

FOLLOW / 最新情報を購読