【レビュー】Anker PowerCore Speed 20000 PDーーiPhoneもMacBook Proも充電できるモバイルバッテリー

Anker PowerCore Speed 20000 PD 08

今僕が毎日持ち歩いているメインのモバイルバッテリーは「Anker PowerCore Speed 20000 PD」だ。

理由はiPhoneを充電できるUSB-AポートMacBook Pro」など新しいMacBookシリーズを充電できるUSB-Cポートを搭載しているから。電池容量も20,000mAhもあるのでよほどのことがない限り1日で使い切ることはない。

大容量で必要ポートを備えた優秀なモバイルバッテリー

僕は他にもバッグの中には「PowerCore Fusion 5000」を入れて持ち運んでいる。iPhoneを充電するときはこのモバイルバッテリーを使うことが多いが、いかんせん電池容量が少ないので「Anker PowerCore Speed 20000 PD」を引っ張り出すことも少なくない。

本体サイズは約168 x 62 x 22mm。「iPhone XS」と重ねるとこのような大きさ。
Anker PowerCore Speed 20000 PD 04

20,000mAhもあるのでそれなりに厚みはある。
Anker PowerCore Speed 20000 PD 05

使うときは片手で「Anker PowerCore Speed 20000 PD」を持ち、もう片方の手でiPhoneを持っていることが多い。
Anker PowerCore Speed 20000 PD 06

重ねて持つには少し厚みがあり、操作しづらいのは難点である。
Anker PowerCore Speed 20000 PD 07

重さは、2018年12月時点では20,000mAhのPower Delivery対応モバイルバッテリーで世界最軽量という、約360g

USB-Cポートの最大出力は24Wとなっているため、「MacBook Pro」の13インチモデルに繋げても充電スピードは非常に遅いが、これまでの外出の中で「MacBook Pro」をモバイルバッテリーで充電する機会も少なかったので、これでも十分。
Anker PowerCore Speed 20000 PD 02

開いているUSB-Aポートを利用して同時にiPhoneや他のデバイスも充電できる。
Anker PowerCore Speed 20000 PD 03

Anker PowerCore Speed 20000 PD」は僕のメイン・モバイルバッテリー。iPhoneもiPadもMacもこれ1台あれば十分に充電できる。「PowerCore Fusion 5000」とセットで日々持ち歩いている。

大容量のモバイルバッテリーが必要、iPhoneの充電がメインだけど必要に応じてMacが充電できる機能があってほしい、なるべく軽い方が良い、というわがままニーズを汲み取り形にしてくれている「Anker PowerCore Speed 20000 PD」。同じようなことで悩んでいる人はチェックしてみるべし!

8.010
Anker PowerCore Speed 20000 PD
あわせて読みたい