【レビュー】Ultra Slim & Light Case DURO:重さ10g、薄さ0.7mmのアラミド繊維ケース

左右非対称のスピーカーグリル、カメラ穴とフラッシュにジャストフィットするよう設計されたケース

UltraSlim and LightCaseDURO iPhone Case Review 01

iPhoneのサイズや重さを極力変えずに、本体を守りたい人にピッタリのケースが「Ultra Slim & Light Case DURO」。サンプルを提供してもらってから、長らく愛用している。

特徴はアラミド繊維。アラミド繊維とは、宇宙船や大型高架橋などの信頼性が要求される部分にも使用されるほどの”スーパー繊維”。高い強度と軽さが特徴で、耐熱性、非磁性、耐衝撃、振動減衰の効果も併せ持つ。

カメラユニットにジャストフィット、机の上においてもガタつかない

頑丈ながらも軽量なUltra Slim & Light Case DUROの重さは、10gにも満たない。片手では重く感じるiPhone 11 Proに余計な負荷をかけずに済む。
UltraSlim and LightCaseDURO iPhone Case Review Weight 01

四隅にスリットがあり、着脱は簡単だ。
UltraSlim and LightCaseDURO iPhone Case Review 17

ケースの外側にメーカーのロゴはなく、内側に製品名とメーカー名が記載されている。
UltraSlim and LightCaseDURO iPhone Case Review 19

カメラユニットにぴったり合うように設計されており、ケースに無駄がない。
UltraSlim and LightCaseDURO iPhone Case Review 14

カメラ周りには、iPhoneのフィット感に合わせるためスペーサーが用意されている。
UltraSlim and LightCaseDURO iPhone Case Review 13

ケースの厚みがカメラの突起を相殺するため、机の上に置いてもガタつかない。
UltraSlim and LightCaseDURO iPhone Case Review 03

左右不均等のスピーカーグリルに合わせて、スピーカー用の穴も空けてある。
UltraSlim and LightCaseDURO iPhone Case Review 16

iPhone 11 Proが完璧にフィットする。
UltraSlim and LightCaseDURO iPhone Case Review 08

サイドボタンはU字型に開いたデザインを採用し、本体を直接操作できる。
UltraSlim and LightCaseDURO iPhone Case Review 12

UltraSlim and LightCaseDURO iPhone Case Review 11

iPhoneと一体化するケース、落としやすい人は保護ガラス必須

UltraSlim and LightCaseDURO iPhone Case Review 18

Ultra Slim & Light Case DUROの表面はサラサラしており、触り心地は良い。冬はグリップしづらく感じたが、夏は程良い摩擦で握りやすい。MacBook Proに貼っているカーボンファイバー風スキンシールとデザインの相性も気に入っている。

UltraSlim and LightCaseDURO iPhone Case Review Weight 02

Ultra Slim & Light Case DUROの価格は6,600円。iPhoneケースとしては高く、さらにディスプレイ面は保護力がないため別途保護ガラスの購入は必須。合計で1万円近い出費になるのは難点だが、数年間使い続けるのであれば価値は十分にあるだろう。

Ultra Slim & Light Case DURO
8.2/10
特集
関連情報
更新日2020年06月16日
コメント(6件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    類似のものを見かけますが、この手のものはカメラ周り用のスペーサーが一部にしかないので、ケース内でiPhone本体が微妙に傾斜した感じにならないか心配です。

    1. g.O.R.i

      確かにそうですね!ちなみにiPhoneが微妙に傾斜した状態であると、どういう問題があるんでしたっけ??

      1. 通りすがりの読者

        見た目ですね。感覚的な問題です。
        おそらくは周りの人はこれを見ても全く傾斜していることに気付かないと思います。しかし使用者本人は絶対に気になりだすのではないでしょうか?
        また、類似の一部製品では、U字の切り欠き箇所からケースと本体の間の隙間が見えてしまうという説明を見たことがあります。こちらの製品にもそのような隙間が見えるのでしょうか?

        1. g.O.R.i

          なるほど、見た目かつ感覚的なものだとすれば、僕は全く気にならないようですwあれ、僕ズボラすぎるのかな……🧐

          U時の切り欠きというのは、スリット部分のことですよね?物理的に隙間が空いているので、当然本体は見えます!ただまあ、音量ボタン側などは露出しているデザインなので、四隅が見えることは特に気にならないですねえ!

  2. 野良猫

    いつも楽しいブログありがとうございます。装着した時、四隅のスリットの見た目は気になりませんか?

    1. g.O.R.i

      僕、記事用の写真を見返していて(写真撮ったのはすんごい前だったので)、スリットがあることを思い出すぐらいには、気になっていないです!w でもそういうのを気にする人は、結構気になるんじゃないかなぁ……僕は全然気にならないです!

「iPhone用ケース・カバー」新着記事
トレンド検索