全世界初公開!これが廉価版iPhoneの筐体?!価格は300ドルで10月15日に発売か?!

廉価版iPhone 【img via MacRumors

廉価版iPhoneは今夏発表間違いなしか?!

先日、9.7インチモデルのiPad向けとされるケースの写真を取り上げたTactusが今度は廉価版iPhoneの筐体らしき写真を取り上げている!

プラスチック(ポリカーボネート)製の筐体写真がリーク!

以前から噂されていた内容を裏付けるように、今回リークした筐体はプラスチック(ポリカーボネート)製iPhone 5のような高級感はないが、カラーバリエーションを提供しやすい素材でできていると言えるだろう。

また、リークした筐体から廉価版iPhoneの厚さは9mm、高さが120mm、幅が62mm〜65mmの間になると予想。ただ、iPhone 4/4Sは高さが115.2mm、幅が58.6mmなので、低価格モデルが一回り大きいということになってしまう。果たしてそんなことは有り得るのだろうか。

見た目としてはiPhone 3GSほど丸みを帯びてはいないものの、どちらかと言うとiPhone 5寄りの平べったいデザインであることが分かる。iPhone 3GSのような見た目になるとも思われたが、最新モデルのデザインを踏襲しながらもパーツをプラスチック製に変更して価格を抑えることに成功したのかもしれない。

廉価版iPhoneはA5チップで動作し、500万画素カメラ3.5インチのRetinaディスプレイを搭載。ブラック、ホワイト、ブルー、レッド、イエローの5色展開になると報じられている。10月15日に発売され、価格は300ドルになるそうだ。

なぜこのタイミングでここまで生活な日取りや価格を言い当てられるのかは甚だ疑問だが、現段階では廉価版iPhoneは進められていて今年中に発売される可能性がある、として捉えておいた方が良さそうだ。

低価格版iPhoneのコンセプトイメージが公開!バックパネルがiPhone 5風になったこと以外、何が違うのかさっぱり… | gori.me

低価格版iPhoneはコストを抑えるために性能を落としたQualcomm製Snapdragonチップを採用するかも?! | gori.me

低価格版iPhoneはプラスチック製でシースルー加工が施されたデザインになるかもしれない!? | gori.me

(via MacRumors

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法