あなたが欲しいのはどっちの「iPhone 6」?!バックパネルの予想画像で考えてみよう!

Martin HajekのiPhone 6コンセプトイメージ
【img via Martin Hajek

もし、「iPhone 6」が4.7インチモデルと5.5インチモデルが両方出たとしたら皆さんはどちらのモデルを購入するだろうか。僕はスペックが全く同じであれば間違いなく4.7インチモデルの方が良いが、5.5インチモデルの方がスペックが良いという噂もチラホラ…。非常に悩ましい。

さて、正式発表が近づいたということで、コンセプトイメージでお馴染みのデザイナーMartin Hajek氏がiPhone 6」のバックパネルに注目したコンセプトイメージを公開している。以前から目にしていた白い枠線のようなデザインはそのまま採用されるのだろうか。それとも中は上記画像にあるように違う素材が使われるのだろうか。

答えは来月明らかになる…はず!続きに画像を数枚掲載したので、続きからどうぞ!

ただの白枠よりも白く塗りつぶされている方が好み

これは人によって意見が別れるところだと思うが、個人的には白枠で囲まれた中が単色で塗り潰れているデザインの方が好みだ。枠が残っているのはどうもピンとこない。

Martin HajekのiPhone 6コンセプトイメージ
【img via Martin Hajek

Martin HajekのiPhone 6コンセプトイメージ
【img via Martin Hajek

スペースグレイモデルでもやはり塗り潰れている方が格好良いように思えるが、いかがだろうか。

Martin HajekのiPhone 6コンセプトイメージ
【img via Martin Hajek

Martin HajekのiPhone 6コンセプトイメージ
【img via Martin Hajek

Martin Hajek氏のページには他にも画像が多数公開されているので、興味がある人は以下からどうぞ!

(via Cult Of Mac

FOLLOW / 最新情報を購読