AppleとLG、iPhone用に折り曲げられる有機ELディスプレイを開発中か

LG flexible display

The Bellによると、AppleとLG DisplayはiPhone用として、折り曲げることができるフレキシブル有機ELディスプレイの開発に着手したと報じている。

LG DisplayはiPhone用の折り曲げることができる有機ELディスプレイを開発するためのチームを結成し、LG Innotekはフレキシブルな基盤の開発に特化したチームを用意したという。

これらのディスプレイパネルは2020年から生産が開始されると見られている。

Samsungには打診せず、搭載デバイスの登場は2020年〜

Appleは、iPhone用有機ELパネルの開発費用として、LG Displayに27億ドルを先行投資したとされている。

フレキシブルディスプレイに関しては今回が初めてではなく、2016年12月時点でLGのディスプレイ部門がスマートフォン向けのフレキシブルディスプレイを開発しているとETNewsが報じていた

iPhone X」用の有機ELディスプレイパネルを独占的に提供しているSamsungだが、同社にはフレキシブルディスプレイの開発に関する打診は行われていないとのこと。同社は来年、折り畳むことができるスマートフォンを発表すると予想されている。

(via The Investor

FOLLOW / 最新情報を購読