「iPhone X Plus」のレンダリング画像・動画が公開!本体サイズや厚さも判明か

iPhone X Plus Rendering Image

6.1インチ型iPhoneのレンダリング画像・動画に続き、2018年に発売されると噂されている、6.5インチ型有機ELディスプレイを搭載した「iPhone X Plus」のレンダリング画像および動画MySmartPrice NewsOnLeaksが公開している。

縦並びのデュアルレンズカメラを搭載、ベゼルレスデザインを採用

これまで報じられてきた通り、「iPhone X Plus」の仮称で呼ばれている6.5インチ型の新型iPhoneは「iPhone X」同様に有機ELディスプレイを採用し、ベゼルレスデザインを採用する。画面上部には切り欠き(ノッチ)があり、イヤピース、内向きカメラ、「Face ID」関連センサーなどが集約され、確認できる範囲では「iPhone X」から大きく変わらないようだ。

6.5インチ型とは言っているものの、ディスプレイの湾曲部分の計算が難しいため、6.3インチである可能性もあるという。

本体のサイズは157.5 × 77.4 × 7.7mm。カメラの突起は存在し、1.4mmの出っ張りになっているという。

6.1インチモデルはシングルレンズカメラとなっていたが、「iPhone X Plus」は縦並びのデュアルレンズカメラ「iPhone X Plus」はトリプルレンズカメラを搭載するという噂もあったが、OnLeaks氏が入手した情報によるとレンズの数は増えない模様。

新型モデルと現行モデルのサイズを比較

あくまでも噂ではあるが、次期iPhoneの具体的なサイズがわかったところで現行モデルとサイズを比較してみよう。レンダリング画像によるサイズ比較も公開されている。

Apple iPhone 2018 6 1 inch vs 6 5 inch 1068x601

iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」を、レンダリング画像が公開された6.1インチモデルと6.5インチモデルとサイズを比較するとこのようになる。

モデル 縦幅 横幅 厚さ
iPhone 8 138.4mm 67.3mm 7.3mm
iPhone X 143.6mm 70.9mm 7.7mm
6.1インチ型iPhone X(2018) 150.9mm 76.5mm 8.3mm
iPhone 8 Plus 158.4mm 78.1mm 7.5mm
6.5インチ型iPhone X Plus(2018) 157.5mm 77.4mm 7.7mm

6.5インチモデルはやはり「iPhone XのPlusサイズモデル」と言われているだけあり、サイズは「iPhone 8 Plus」とほぼ同じ。手に握った感触としては「iPhone 8 Plus」とほぼ変わらないと思われる。

一方、6.1インチモデルは「iPhone X」より縦に約7mm、横に約5mm、厚さが0.6mmも大きくなっている。

個人的な予想としては液晶ディスプレイゆえの消費電力で「iPhone X」と匹敵する電池持ちを実現するためには本体を分厚くし、電池容量を増やす必要があったのではないかと考えている。一般的には有機ELディスプレイの方が省電力性能が高いと言われている。

今回の情報を見る限りでは「iPhone X Plus」は「iPhone X」が大きくなっただけにしか見えないが、何かPlusサイズ限定の特別な機能は用意されるのだろうか。今後のリーク情報に期待しよう!