2019年のiPhoneは新しい「R1」コプロセッサを搭載か

現行のコプロセッサよりも多くのセンサーを搭載、Appleの紛失防止タグを検出するために利用される可能性

Frankie valentine 6XBEYe3G 08 unsplash iphone inside

Appleは間もなく発表する2019年の新型iPhoneにコードネーム「Rose」と呼ばれている新しいコプロセッサ「R1」を「A13」チップに搭載すると伝えている。

iOS 13」の内部ビルドから見つかった証拠によると、「R1」チップはiPhone本体の位置情報を把握する役割を持ちながらセンサーデータを主となるプロセッサーをオフロードするという意味では、現行モデルのチップに採用されているMシリーズのコプロセッサに似ているとのこと。

異なる点としては、Mシリーズのコプロセッサと比較してより多くのセンサーを搭載している点。これにより、正確にiPhoneの位置情報を把握することができるという。

現行のコプロセッサはコンパス、ジャイロスコープ、加速度センサー、気圧センサー、マイクからの情報を取得しているが、「R1」チップは慣性計測装置(IMU)、Bluetooth 5.1、超広帯域無線(UWB)、カメラ(モーショントラッキング、光学追跡を含む)なども取得できる模様。

これらのセンサーはAppleの紛失防止タグを検出するために利用すると見られる。紛失防止タグは超広帯域無線通信に対応すると見られ、位置誤差は5〜10センチ程度の高精度を実現すると噂されている。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索