iPhone 14 Pro、カメラUIが刷新か。コントロールが画面上部に配置

パンチホールの下や左右の空間を活かしてボタンを配置、撮影画面が広く取れる仕様に

Camera Controls are moving to the top

現行の仕様。これらのコントロールが画面上部に移動するとの噂だ

2022年の新型iPhoneのProモデル(iPhone 14 Pro)は、カメラ用コントロールが画面上部に移動する可能性がある。9to5Macが独自に入手した情報として明らかにした。アスペクト比や露出補正などの機能はパンチホールの下、フラッシュおよびLive Photoのボタンは左右の隙間に配置されるという。

現行の仕様では、カメラ用コントロールを表示するボタンは画面上部にあるが、コントロールは画面下部から出現する仕組み。コントロールが上部に移動することで、操作に一体感が生まれるだろう。

最新情報によると、「iPhone 14 Pro」に搭載される2つのパンチホールは画面点灯中に一体化する仕様になる。2つのパンチホールの間にプライバシーインジケーターが表示され、タップするとマイクやカメラを使用中のアプリや使用アプリの履歴が表示される機能もあるそうだ。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索