当メディアのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています

iPhone 14 Pro、2つのパンチホールは画面点灯中に一体化する仕様か

ソフトウェア処理で間と周囲を黒く表示することで、横長のカプセル型パンチホールにするとの情報

Iphone 14 pro cutouts active display

2022年新型iPhoneのProモデル(iPhone 14 Pro)はデュアルパンチホールディスプレイを搭載するが、画面点灯時は1つの横長パンチホールとして表示される可能性がある。MacRumorsに寄せられた匿名情報によると、カプセル型と丸型パンチホールは用意されているが、ソフトウェア処理で2つの間および周囲を黒く塗りつぶすという。

2つのパンチホールの間にプライバシーインジケーターを表示か

物理的な穴よりも広く塗りつぶすことで、ノッチと同等のエリアが画面上に島のように浮いた状態になると考えられる。9to5Macによると、2つのパンチホールの間も有効活用される。マイクやカメラの使用を伝えるプライバシーインジケーターが表示されると伝えている。現在は右上に表示される。

Appleに詳しいBloombergの名物記者Mark Gurman氏は、2つのパンチーホールが一体化する仕様について「事実」と同意している

iPhone 14 Proのパンチホール

14本の記事を表示する
公開情報
更新日2022年09月01日
執筆者g.O.R.i
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索