iPhone 16 Pro、画面内蔵Face IDを搭載か

カメラ用パンチホールは残るが、ほかはすべて画面下へ移動し不使用時には見えなくなる

Lucas hoang YhDDmc nW80 unsplash

2024年の新型iPhoneのProモデル(iPhone 16 Proシリーズ)は、画面内蔵Face IDを搭載する可能性がある。現在のiPhone 14 Proシリーズは、TrueDepthカメラシステムの格納場所がノッチからDynamic Islandへ移行したが、画面上にはパンチホールが2つ用意されている。

左にあるカプセル型には各種センサー、右にある丸形には内向きカメラが内蔵。「iPhone 16 Pro」ではカメラ用パンチホールは残るが、ほかはすべて画面下へ移動し不使用時には見えないという。iPhone 14 Proシリーズでは、ディスプレイを傾ければ2つのパンチホールが見える。

なお2023年の新型iPhone(iPhone 15)シリーズは、iPhone 14 Proと同じディスプレイ仕様。通常モデルもDynamic Islandを搭載し、全4機種の共通仕様になると指摘している。

The Elecの情報は、ディスプレイアナリストRoss Young氏が昨年5月時点で公開した予測と一致。新しいディスプレイ技術はProモデルで先行して採用され、通常モデルが追って取り入れる傾向にある。

「iPhone 15 Pro」シリーズはチタン製の筐体を採用し、搭載される「A17 Bionic」チップは電池持ちを重視した設計になると噂されている。AppleはEUの法案に対して「従わざるを得ない」と明言しており、「iPhone 15」シリーズにUSB-Cポートを採用するだろう。ProモデルはThunderbolt 3ポートになる可能性がある。

(Source: The Elec via MacRumors

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2023年01月11日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索