iPhone 15 Proシリーズ、Thunderbolt 3ポートを搭載か

またはUSB 3.2ポートを搭載。いずれの場合でも、高速データ転送に対応するのはProモデルのみになりそう

IPhone with USBC or Lightning port 01

2023年の新型iPhone(iPhone 15シリーズ)は、全4機種がLightningポートを廃止し、USB-C(USB Type-C)ポートを搭載する可能性がある。ただしApple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏によると、通常モデルとProモデルでは異なる規格が採用され、データ転送速度に差があるという。

「iPhone 15 Pro」と「iPhone 15 Pro Max」は、USB 3.2またはThunderbolt 3仕様になるが、「iPhone 15」と「iPhone 15 Plus」はUSB 2.0仕様になると予測。現在のLightningポートはUSB 2.0仕様となっており、通常モデルはUSB-C化による転送速度の改善は期待できない。

USB 3.2 Gen 1でも最大5Gbps、Thunderbolt 3なら最大40Gbps

USB 3.2には複数の規格があるが、転送速度はLightningの最大480Mbpsに比べて、少なくとも10倍以上速い。USB 3.2 Gen 2×2仕様であれば最大20Gbpsとなり、現状から40倍高速化される。Thunderbolt 3仕様となれば、さらに2倍となる。

Proモデルの高速データ通信対応USB-Cポートの採用は、理にかなっている。iPhone 13 Proでは1分で6GBにもなる4K HDR 10-bit ProResデータが撮影できる。iPhone 14 Proでは4,800万画素のセンサーを搭載し、ProRAWデータは従来の3倍になった。iPhoneのProモデルに搭載されているLightningポートは、クリエイターの足かせになっていると言っても過言ではない。

一方で通常モデルは大容量データを扱う機能がないため、本来であればLightningポートでも問題ないはずだ。しかしEUが承認した”完全なるUSB-C化”を強制する法案の影響で、Appleは「従わざるを得ない」としている。なおiPad(第10世代)もUSB-C化したものの、Lightning同等仕様のUSB 2.0仕様と明らかになっている。

次に読んでおきたいiPhone 15ニュース

10本の記事を表示する

公開情報
コメント(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:649613)

    無印でも普通にハイエンド価格なiPhoneでやるのはどうなの?ってのはすごく思うが
    Androidでもローエンド〜ミドル価格帯では2.0仕様なのは珍しくないよ。

  2. 通りすがりの読者(コメントID:649475)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:649461)
    EUに従ってUSB 2.0搭載…

    何か疑問でも?

  3. 通りすがりの読者(コメントID:649461)

    EUに従ってUSB 2.0搭載…

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索