初代iPhoneから「iPhone 6s/6s Plus」まで!歴代iPhoneの動作テスト

歴代のiPhoneの動作テスト
初代iPhoneの頃、日本では「iPhoneは流行らない」と言われていた。今となってはガラケーを持っていると生きている時代を間違えたような目で見られる。

先日、パスコードロックを迂回できるバグを発見したEverythingApplePro初代iPhoneを含む歴代のiPhoneを全て並べて動作を比較した動画を公開していたので、紹介する!

初代iPhoneと比べ、CPU性能は約30倍も向上

人間は贅沢な生き物だ。手にした時は感動と興奮で大騒ぎする割に、数カ月後にはさらなる進化を求めてしまう。罪な生き物だ。僕のことですが、何か。

全てはこの初代iPhoneから始まった。ディスプレイの解像度は480✕320ピクセル。最小ストレージはなんと4GB!最大でも16GBしかなかった時代だ。カメラもたった200万画素。今となっては信じられないようなスペックだ。
歴代のiPhoneの動作テスト
歴代のiPhoneに対しベンチマークアプリ「Geekbench」でCPUの性能を測定したところ、初代iPhoneと「iPhone 6s Plus」を比較するとその性能差は約30倍も向上していることが分かる。9年間で驚異的な進化を遂げているのだ。
All iphone test 3歴代のiPhoneの動作テスト
Wi-Fiのスピードテスト結果を比較しても進化の度合いがよく分かる。「iPhone 3G」では4.43Mbpsしか出なかった通信速度も「iPhone 6s Plus」では110Mbpsを計測。圧倒的に速くなっている。
歴代のiPhoneの動作テスト
「HTML5」のウェブページテストでも4倍近い差が出ている。逆にこのスコアは「iPhone 4s」の頃からそれほど進化していないようだ。
歴代のiPhoneの動作テスト
以下、どうぞご覧あれ!



「iPhone 6s/6s Plus」、防水仕様か?!1時間以上浸水後も無事に動作


「iPhone 6s」が粉々に……!今年も過激な実験動画が話題に


「iPhone 6s/6s Plus」、2GBのRAM搭載によってブラウジングが超快適に!旧機種と比較した動画が公開



あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  2. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  3. 「iPhone 7/7 Plus」および「Apple Watch Series 2」、日本の衛星測位システム「QZSS」に対応
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に