学生みんなが特待生。

「iPhone 7」、唯一の大きなデザイン変更はヘッドホン端子の廃止に

Iphone 7 pro concept image

2年ぶりの大きな変化を楽しみにしている「iPhone 7」待ちの皆さんに残念なお知らせだ。

これまで報じられてきた噂で薄々感じている人も多いと思うが、やはり今年のiPhoneは昨年や一昨年と比較しても変化に乏しい1年になりそうだ。The Wall Street Journalによると、iPhone 7」はヘッドホン端子が廃止されること以外に大きなデザイン変更は実施されないと報じている!

朗報:本体は薄型化し、防水性能が強化される見通し

ヘッドホン端子が無くなることはもうほぼ確定だと思って問題ないだろう。昨日の情報によるとLightningヘッドホンジャックアダプタ」が同梱されるとのことだったので既存のイヤホンが使えなくなる心配はないかもしれないが、今のうちにワイヤレスヘッドホンやイヤホンの購入に向けて準備を進めて置いた方が追々楽かもしれない。

やはりメジャーアップデートとなるのは2017年のiPhone。有機ELディスプレイの採用を含む大きな変化になると予想されている。ワイヤレス充電にも対応すると噂されていることから、ヘッドホン端子の廃止はiPhoneの”ワイヤレス化”の第一歩である可能性は高い。

変化に乏しい「iPhone 7」だが、同時に本体は薄型化され、防水性能が向上すると伝えられている。本体が薄型化するということは軽量化されることが期待され、個人的には非常に楽しみ。以前は1mm以上薄型化されると報じられていた。

防水仕様の強化については「現状よりも水が入りにくくなる」程度だと予想。風呂の中に放り込んでも問題ないというレベルは期待しない方が良さそうだ。

これまで実施してきた2年ごとのメジャーアップデートが今年適用されなかった理由は新しい技術が間に合わなかったため。よってiPhone誕生10周年である来年にスケジュールが先送りになったそうだ。

ヘッドホン端子が唯一の変更点と報じられている「iPhone 7」だが、「iPhone 7 Plus」に搭載されると噂されているデュアルレンズカメラについては言及されていない。直前で搭載が見送られたという説も最近浮上している。

(via MacRumors