「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の鮮明な筐体写真がリークか?!

Iphone7 7plus case photos

唯一の大きなデザイン変更はヘッドホン端子の廃止になると噂されている次期iPhoneこと「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」。例年通りであれば9月頃に発表・発売されるため、そろそろ大まかな本体デザインが最終決定している頃ではないだろうか。

Nowhereelse.frが今までよりも鮮明に写っている「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の筐体写真を取り上げていたので、紹介する!

「iPhone 7」のゴールドモデル、「iPhone 7 Plus」のローズゴールドモデル

今回は片方だけではなく4.7インチ・5.5インチ両モデルの筐体写真がリーク。4.7インチモデルはプロトタイプの最終バージョンであるとされ、カラーはゴールド。Dラインは消え、カメラレンズ用の穴が一回り大きくなっている。
Coque ip7
【image via Nowhereelse.fr

一方、5.5インチモデルはこれまでにないほど鮮明な写真となっていて、デュアルレンズカメラがハッキリと見える。レンズ部分が大きくなっているせいなのか今までにないほどレンズが突起しているような印象を受ける。
Apn iphone 7 plus pro
【image via Nowhereelse.fr

また、「iPhone 7 Plus」に関してはもう1つ気になる点がある。それはLEDフラッシュにあるケースの凹み。現行モデルは本体上部には何もないのだが、以前報じられたようにセンサーの一部が本体上部に移動するということだろうか。

Appleはデュアルレンズカメラの搭載を断念したという情報もあったが、このリークが本物であれば今秋にはデュアルレンズカメラを搭載した5.5インチ型iPhoneを見ることができるかもしれない。

(via Nowhereelse.fr

FOLLOW / 最新情報を購読