「iPhone 8」は2モデル展開?!5インチモデルと5.8インチモデルが登場か

IPhone 8 Rendering

信頼できるアクセサリー業界の関係者から入手したとされる詳細なCADデータをもとに作られた「iPhone 8」の新しいレンダリング画像Engadgetが公開している。以前OnLeaks氏が公開していたレンダリング画像とほとんど一致している。

最も特徴的なのはカメラ部分。デュアルレンズカメラを搭載するもののiPhone 7 Plus」のように横並びではなく縦並びになり、LEDフラッシュもレンズの右側ではなく2つのレンズの間に配置されていることが確認できる。

IPhone 7 Plus Jet Black

デュアルレンズカメラとワイヤレス充電に標準対応か

また、Engadgetは本体のバックパネルがガラス製になっていると指摘。これはワイヤレス充電を可能にするためだと見られ、CAD画像にはワイヤレス充電用のコイルを配置するための空間を確認していると伝えているが、それらに関する画像は現時点では公開できないとのこと。

今回されたレンダリング画像はどれも背面を映したものばかりで噂されているベゼルレスの全画面ディスプレイは見えないが、CADデータの寸法によると本体サイズは「iPhone 7」と比較して高さ、幅、厚みともに僅かに大きくなっていたことを確認したそうだ。

IPhone 8 Rendering

気になるのはこれらのレンダリング画像を「小さいサイズのiPhone 8」としていること。これまでの噂では「iPhone 8」に加えて「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」が投入されると伝えられていたが、Engadgetは2モデル展開になることを示唆しているようだ。

さらに、「iPhone 8」のディスプレイサイズは4.7インチではなく5インチiPhone 8 Plus」のディスプレイサイズは5.5インチではなく5.8インチと、それぞれ0.3インチずつディスプレイサイズが大きくなるという。

確かに過去には次期iPhoneは3モデルではなく2モデル展開になるという噂もあったが、どちらかというと次期iPhoneは3モデル展開という説の方が有力だったように思える。

果たしてどうなるのか。「iPhone 8」のレンダリング画像は他にも多数公開されているので、見たい人は下記からどうぞ!

Apple新学期を始めようキャンペーン