CADデータをもとに作られた「iPhone 8」のレンダリング画像と動画が公開

IPhone 8 leaked renders

OnLeaks氏が入手したとされる工場のCADデータをもとにして作られた「iPhone 8」のレンダリング画像および動画公開されている

基本的にこれまで報じられてきた情報と一致。デュアルレンズカメラは縦並びになり、2つのレンズの間にLEDライトを搭載電源ボタンは音量ボタンよりも長くなっていて、筐体は光沢のある素材が使用されているが、これが噂されていたガラスに挟まれたステンレススチール製の筐体を表現しているのかどうかは不明。

IPhone 8 leaked renders

完全なベゼルレスではなく、左右上下に極薄ベゼルあり

今回のリークに関してOnLeaks氏から気になる情報が投稿されていた。それはやはり「iPhone 8」のディスプレイ上部はセンサーやFaceTimeカメラを囲むようなデザインになるということ。Benjamin Geskin氏が明らかにした情報と一致している。

上記画像を注意深く見てみるとディスプレイの左右にはしっかりとベゼルが用意され、やはりJPMorganのアナリストの情報は間違っている可能性が高い。具体的な仕様は明らかにされていないが、以前報じられていた4mmベゼル、5.8インチディスプレイ搭載なのだろうか。

ちなみに誰も期待していないと思うが、もちろんヘッドホン端子は廃止されたまま。そしてカメラも突起したままとなっているようだ。

IPhone 8 leaked renders

IPhone 8 leaked renders

上記画像を含むレンダリング動画も公開されているので、下記からどうぞ!

あわせて読みたい