iPhone 12シリーズの選び方:得るもの・失うもので考える

基本的はカメラ性能と本体サイズを考えれば選びやすい

iphone 12 all series

2020年の新型iPhoneとして、iPhone 12シリーズが史上初となる4モデル展開として発表された。一見すると自分に合ったモデル選びが難しそうに見えるが、本体サイズとカメラである程度の目星は付けられる。

iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」の選び方を、違いを極限まで簡単に図解するとしたら下記図のようになるだろう。iPhone 12を基準として、小さいサイズが欲しい場合はiPhone 12 mini、より高度なカメラが欲しい人はiPhone 12 Proを、さらに高度なカメラそして大画面が欲しい人はiPhone 12 Pro Maxが候補になる。

How to choose iphone12 series 01

本記事ではiPhone 12を基準として、iPhone 12 miniiPhone 12 ProiPhone 12 Pro Maxを選んだ場合、得るものと失うものを書き出してみた。モデル選びに悩んでいる人は参考にしてもらいたい。

iPhone 12を基準として、各モデルを選ぶと得るも・の失うもの

iPhone 12シリーズは、以下の共通した特徴を持つ。

  • 有機ELディスプレイ(Super Retina XDRディスプレイ)の搭載
  • 旧モデルと比べて4倍ものディスプレイ強度になる「セラミックシールド」加工
  • より明るくなった7枚構成の広角レンズ(f/1.6)搭載
  • 超広角レンズの搭載
  • すべてのレンズ(広角、超広角、内向き)でDeep Fusionおよびナイトモードが利用可能に
  • Smart HDR 3をサポート
  • Dolby Visionが撮影可能
  • A14 Bionicチップの搭載
  • 5G対応
  • IP68規格を満たす防水・防塵性能
  • マグネット式アクセサリーが利用できる「MagSafe」をサポート(最大15Wの出力をサポート)

iPhone 12の基本仕様およびサイズや重さを基準として、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxを選ぶことで得るものと失うものは以下の通り。

iPhone 12 miniを選んだ場合

Iphone 12 mini size

  • 得るもの
    • コンパクトさ(片手操作できるサイズ)
    • シリーズ最安価格(64GBモデルスタート、74,800円〜)
  • 失うもの
    • 電池持ち
    • 大画面

iPhone 12とiPhone 12 miniは、カメラ仕様は全く同じ。異なるのは本体サイズおよび画面サイズのみだ。iPhone 12 miniは片手操作がしやすく、iPhone 12シリーズの中で価格が最も安いが、その代わりに電池持ちはiPhone 12と比べて2時間短くなる。(「ビデオ再生」を基準とした場合)

iPhone 12を購入する ▶ ソフトバンク / au / ドコモ / Apple

iPhone 12 Proを選んだ場合

AppleEvent Oct2020 iPhone12 1850

  • 得るもの
    • より明るいディスプレイ(最大800ニト)
    • 高級感のあるステンレススチールフレーム
    • 望遠レンズによる2倍の光学ズームイン
    • LiDARセンサー
    • デュアル光学手ブレ補正
    • ナイトポートレートモード
    • Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大60fps)
    • Apple ProRAW
    • より多くのRAM(6GB)
  • 失うもの
    • 軽さ(iPhone 12は162g、iPhone 12 Proは187g)
    • 豊富でポップなカラーバリエーション
    • 価格(128GBモデルスタート、106,800円〜)

iPhone 12 ProとiPhone 12の差は主にカメラ性能だ。iPhone 12 Proへの買い替えで、望遠レンズおよびLiDARセンサーを活かした機能が使用できる。本体サイズは全く同じだが重さが増し、価格が1.6万円以上値上がりする。カメラ性能を必要としていない限り、iPhone 12で十分だろう。

iPhone 12を購入する ▶ ソフトバンク / au / ドコモ / Apple

iPhone 12 Pro Maxを選んだ場合

AppleEvent Oct2020 iPhone12 1852

  • 得るもの
    • シリーズ最大画面サイズ
    • より明るいディスプレイ(最大800ニト)
    • 高級感のあるステンレススチールフレーム
    • 望遠レンズによる2.5倍の光学ズームイン
    • LiDARセンサー
    • 47%大型化した1.7μmピクセルのセンサー(広角レンズ)
    • センサーシフト光学式手ぶれ補正
    • ナイトポートレートモード
    • Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大60fps)
    • Apple ProRAW
    • より多くのRAM(6GB)
    • 長い電池持ち
  • 失うもの
    • 軽さ(iPhone 12 Pro Maxは226g)
    • 豊富でポップなカラーバリエーション
    • 価格(128GBモデルスタート、117,800円〜)

iPhone 12 Pro Maxは、シリーズ最大の画面サイズと最高のカメラを搭載する。特にカメラは、さらに焦点距離が長くなった望遠レンズ、一眼レフカメラなどに搭載されているセンサーシフト式の手ブレ補正が搭載されている。広角レンズは、47%も大型化した1.7μmピクセルのセンサーが採用され、暗所撮影能力はiPhone 12シリーズの中でずば抜けて高いと予想される。

サイズやカメラ性能は名前のとおり「Max」だが、価格も同様に「Max」だ。128GBモデルが117,800円スタートとなっており、iPhone 12との価格差は27,000円以上。また物理的に大きくなるため片手操作はもとより、ポケットの出し入れは非常にしにくくなるだろう。

大画面、高性能カメラ、長い電池持ちを求めているのであれば、価格さえ何とかなればiPhone 12 Pro Maxを選んだほうがいいだろう。そもそもiPhone 12やiPhone 12 Proのサイズでも大きく感じるのであれば、思い切って1番大きい端末を選んでしまう、という割り切り方も良いのではないだろうか。


関連情報
更新日2020年10月21日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. Yutes

    6 PlusからはずっとPlus/Maxモデルを使っていると、まさに「大は小を兼ねる」で、もう小さいモデルには戻れません(唯一Xだけは小さいな〜と感じました)。もちろんiPad Proも12.9インチ、Mac miniにはLGの34インチウルトラワイドディスプレイ!Appleも純正でウルトラワイドを出してくれないかなあ、と願いつつ、今年も12 Pro Maxへ課金しますw

「iPhone 12 Pro Max」新着記事
トレンド検索