「iPhone 6s Plus」の16GBモデル、製造原価は236ドル

Iphone6s teardown ifixit
【img via iFixit

新型iPhoneは以前に比べてコストが掛かっているようだ。

IHSの調べによると、iPhone 6s Plus」の製造原価は236ドルとなっていて、iPhone 6 Plus」に比べて16ドル高くなっていることが明らかになった

ディスプレイが最も高価!iSightカメラとA9チップも

調べによると、製造原価が高くなっている最大の理由は今回初めて搭載された「3D Touch」であるとのこと。1つ当たり約10ドル上乗せされるそうだ。

最も高いパーツはディスプレイで約52.50ドル。他にもiSightカメラが約22.50ドル、「A9」チップが約22ドルであると分析している。

なお、「iPhone 6s/6s Plus」でもなぜか16GBモデルはなくならなかったが、その背景には利益率の高さがあるのかもしれない。16GBのNANDフラッシュメモリのコストは6ドル以下。16GBモデルから64GBモデルにアップグレードすると端末代金は100ドル以上高くなるが、16GBと64GBのNANDフラッシュメモリの価格差はたった17ドルだという。

“NAND Flash is now so cheap it’s almost irrelevant, but Apple monetizes this difference with consumers, to the tune of $100 for each additional step up in memory capacity,” Rassweiler said. “For example, a 64 GB iPhone now costs Apple about $17 more to make than a 16 GB iPhone, but Apple charges iPhone buyers $100 more for the increased memory. This is part of Apple’s ongoing strategy to improve profits by selling a product mix that is heavier in the higher-end iPhones.”

via Upgraded Components in iPhone 6S Plus Costs Apple an Extra $16 Per Device | Business Wire

Tim Cook氏は以前、このような製造原価予想について「全く正確ではない」と否定している。


(via MacRumors

FOLLOW / 最新情報を購読