「iPhone X」の需要は2018年まで続く、「iPhone 8 Plus」は予想以上の売れ行きか

IPhone X Silver Review 03

KGI証券のMing-Chi Kuo氏によると、ホリデーシーズンにおける「iPhone X」の生産台数は2,500万〜2,700万台実際に販売されるのは2,200万〜2,400万台になる、という予想を発表している。

2018年第1四半期ではさらに前四半期比で35〜45%も生産数が増えると予想。その要因として、ホームボタンが廃止されたことなどに対する不安が払拭されることを挙げている。また、中国の旧正月の影響で需要は高まるとしている。

iPhone 8」の生産数、50〜60%減産する可能性

一方、「iPhone X」に勝っているのは大きさと軽さだけ、という非常に可哀想な存在の「iPhone 8」は、2018年第1四半期における生産数は2017年第4四半期(ホリデーシーズン)と比較して50〜60%減産する可能性があると指摘。これは予想を下回る結果になると説明している。

その代わり、「iPhone 8 Plus」は当初の予想を上回る売れ行きとなっていて、「iPhone 8」が売れない要因にもなっているという。

先日も世界の出荷台数を調査したCanalysが「iPhone 8/8 Plus」の出荷台数は「iPhone 7」以下であることを明らかにしていたが、やはり「iPhone 8 Plus」の方が「iPhone 8」よりも売れていると指摘していた。

Apple公式サイトにおける「iPhone X」の出荷予定日は未だに「3-4週間」。決して在庫が潤沢にある、とは言い難い状況が続いているが、12月に近づくに連れて在庫不足は解消されるのだろうか。

(via 9to5Mac

もっと読むiPhone 8まとめ
もっと読むiPhone 8 Plusまとめ
もっと読むiPhone Xまとめ