「iPhone 8」の64GBモデル、推定製造コストは247.51ドル

Iphone 8 8 plus on sale

iPhone 7」の32GBモデルの価格は649ドルだったが、「iPhone 8」の64GBモデルの価格は699ドルだった。その値上げの要因は一体?!

Bloombergによると、iPhone 8」の64GBモデルの推定製造コストは247.51ドルであると伝えている。これは「iPhone 7」の32GBモデルの推定製造コスト(237.94ドル)よりも値上げしている。

iPhone 8」の推定製造コストは端末価格の35%相当

この推定製造コストは製造費やソフトウェアなどの研究開発費は含まれていない。このことから、iPhone本体のハードウェアを構成する部品は販売価格の35%に相当すると見られる。

iPhone 8 Plus」の推定製造コストは288.08ドル。1台あたり32.50ドルと予想される新しいカメラシステムが値上げの要因と見られ、「iPhone 7 Plus」では270.88ドルだった推定製造コストから17.2ドル値上げしている。販売価格は30ドル(769ドル → 799ドル)値上げしている。

調査したIHSのアナリストWayne Lam氏によると、コストアップの原因は改良されたカメラ、容量が増加したストレージ、パフォーマンスが向上した「A11 Bionic」だという。

両端末に使用されている部品で最も高価なのは、ディスプレイパネルと筐体部分。ストレージは各モデル6ドル、プロセッサは各ユニット5ドル、旧モデルより値上げしているとのこと。


(via 9to5Mac

あわせて読みたい