Firefox 7がリリース!起動時間短縮、メモリ消費の大幅軽減など

Firefox 7の安定版が本日リリースされた。今回のアップデートでは起動時間短縮やメモリ消費の軽減など、裏回りの処理が大幅に高速化されたようだ。以下がアップデート内容。

  • 特定の利用シーンで メモリ使用量を大幅に削減しました。
  • 新しいレンダリングバックエンドを追加し、Windows 上で Canvas の処理を高速化しました。
  • Firefox Sync 使用時に、ブックマークとパスワードの変更がほぼ瞬時に同期されるようになりました。
  • URL の接頭辞「http://」は初期設定で非表示になりました。
  • text-overflow: ellipsis に対応しました。
  • Web Timing 仕様 に対応しました。
  • MathML への対応を強化しました。
  • WebSocket プロトコルの対応バージョンを 7 から 8 へ更新しました。
  • Firefox の今後のバージョンを改善するため、ユーザの皆さんがパフォーマンスデータを Mozilla へ送っていただける オプトインの仕組み を追加しました。
  • いくつかの安定性に関わる問題を修正しました。
  • いくつかのセキュリティ問題 を修正しました。

via Firefoxリリースノート

今までは何かとメモリの消費が激しいことを理由に最近敬遠してきたFirefoxだが、今回のアップデートでメモリ周りの処理が大幅に改善されたようなので、個人的にはかなり嬉しい!!http://が非表示になるのもURLバーがすっきりして良いね!最近はChromeでも十分事足りるが、未だにFirefoxでしか使えない便利なアドオンもあるので、裏回りが改善されたのはナイスなアップデートだ!!

毎度のことだが、Firefoxのアドオンの互換性を無視する方法については以下のリンクからどうぞ。

Firefoxのアドオン互換性を無視する方法

アップデートしていないFirefoxユーザーはこの機会にポチッとクリックしてバージョンを最新版に上げましょう!

もっと読むFirefoxまとめ
あわせて読みたい