ワイヤレス充電の新規格「Qi2」、マグネット技術を採用。MagSafeがユニバーサルに

Androidスマートフォンも、Qi2対応製品はMagSafeのようなアクセサリが使用可能に

James yarema MVin7poIsoM unsplash

Wireless Power Consortium(WPC)は1月3日、次世代のQi規格「Qi2」発表した。正式な発音は「チー・トゥー」。既存のQi規格を置き換え、2023年のホリデーシーズン頃に対応スマートフォンや充電器が登場する見通しだ。

Qi2は、AppleのMagSafe技術に基づいて開発された「Magnetic Power Profile」を新たに採用。今後はQi2に対応したAndroidスマートフォンは、MagSafeと似たワイヤレス充電の仕組みが利用可能になるだろう。充電台と充電デバイスの位置をマグネットで固定するため、従来と比べて充電効率や充電速度の改善が期待できる。

もっと読む

6本の記事を表示する

関連キーワード
公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:659413)

    Apple独占の特許かと思ってた

「テクノロジー」新着記事
トレンド検索