ソフトバンクオンラインショップ

AppleシリコンMacの開発用テスト機、CPUのベンチマークスコアが公開

A12Z Bionicは8コアのCPUと8コアのGPUを内蔵しているが、開発用テスト機は4コアのCPUとして認識

Apple Silicon Mac Mini Developer Transition Kit

A12Z Bionicが内蔵されたMac miniのCPUベンチマークスコアが複数公開された。シングルコアスコアは約800、マルチコアスコアは約2600を記録。マルチコアスコアは、MacBook Air(2020)の下位機種を上回っている。

Appleは、年内にAppleシリコンMacの実製品を発表する。A12Z Bionicが内蔵されたMac miniは、AppleシリコンMacの開発用テスト機としてアプリ開発者向けにDeveloper Transition Kit(DTK)として提供されている。

ベンチマークツールはネイティブではなくRosetta 2上で動作

Geekbench scores for arm based macmini
Geekbench Browserよりキャプチャ

使用しているベンチマークツールは「Geekbench」。ネイティブアプリではないため、Intel用プログラムコードをAppleシリコン用に変換する「Rosetta 2」の上で動作。開発者のSteve Troughton-Smith氏は、Rosetta 2はネイティブパフォーマンスの約70%程度で動作していると分析している。

またA12Z Bionicは8コアのCPUと8コアのGPUを内蔵しているが、開発用テスト機は4コアのCPUとして認識されているそうだ。

MicrosoftのARMベースデバイス「Surface Pro X」よりも高いスコア

AppleシリコンMacの開発用テスト機は、ARMベースデバイス「Surface Pro X」のGeekbenchスコアをシングルスコアで上回り、マルチコアスコアで同等の結果が出ていると判明。Surface Pro Xはネイティブで動作している。

A12Z Bionicを内蔵したMac miniは、あくまでもアプリ開発者向けのテスト機。Appleが年内に発表する初のAppleシリコンMacは、さらに高性能なチップの内蔵とmacOS Big Surの最適化により、高いパフォーマンスが期待できる。

初のAppleシリコンMacは、13インチ型MacBook Proおよび24インチ型iMacになると噂されている

ストーリータイムライン
関連情報
更新日2020年06月30日
コメント(5件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    しゅげぇぇぇ(・∀・)
    ほちぃぃぃぃぃw

  2. 通りすがりの読者

    これは期待できそう。来年の春くらいまではアップルシリコン搭載のiMacの27インチ(29インチ?)出て欲しいな〜
    できればミニLED搭載で!

    1. g.O.R.i

      iMacの27インチ出るかなァ〜とりあえず年内登場のモデルの機種と、そのパフォーマンスや使い勝手で評価したいですね?

  3. 通りすがりの読者

    Rosettaでの動作は激重になるかと思いましたが、期待できるまぁまぁな結果で一安心でした。

    1. g.O.R.i

      ですね!!!!!!しかもこれからさらに最適化が進むと思うと、結構期待できそうな気がしてます!!!ワクワク!!!

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索