あえてディスプレイが壊れたMacBookを安く購入し、macOS CatalinaのSidecar機能を画面代わりに使う強者が登場

macOS CatalinaのSidecarを活用し、MacBookとiPad Proのハイブリッドデバイスを実現することに成功

Using iPad Pro with broken display on macbookpro

近々正式リリースされる予定のmacOSの次期バージョンmacOS CatalinaではiPadをサブディスプレイかつ液タブ化してくれる「Sidecar」という機能が用意されている。「Luna Display」や「Duet Display」のApple純正バージョン、と言えば分かりやすいだろうか。

この機能を活かし、あえてディスプレイが壊れたMacBookを安く購入してmacOS Catalinaの「Sidecar」機能を活用して画面代わりに使う強者Redditに投稿していたので、紹介する!

MacBook+iPad Pro+Sidecarで”MacBookのSurface化”

投稿者であるandrewkroger氏はMacBookとiPad Proのハイブリッドマシーンを作るために、あえてディスプレイが故障しているMacBookを購入。液晶およびバックライトを取り外し、その代わりにiPad Pro用のマグネット式ディスプレイを設置。

macOS Catalinaの「Sidebar」機能を利用してiPad Proの画面上にmacOSを表示し、起動時の操作に関しては「Keyboard Maestro」を使っているとのこと。

まさに”MacBookのSurface化”に成功している。実際に動作している動画も公開されていたので、気になる人は下記からどうぞ!

関連情報
更新日2019年09月06日
コメント(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. ニンニク‪w

    いいなあ それ欲しいわ‪w 壊れたのを買ってハイブリットを何個も買って転売したら?‪w
    ジャンクを直した上に性能が良くなったマシーンができる
    絶対多分売れる

  2. 通りすがりの読者

    壊れたmac高く、ないの?

    1. g.O.R.i

      正常に動作する状態で買うよりはさすがに安んじゃないですかね!

「macOS Catalina」新着記事
トレンド検索