【レビュー】実際どう?12インチ型MacBookを使って分かった11のこと

総評:MacBookは人を選ぶデバイスだが、個人的には「アリ」

12インチ型MacBookを使って分かった11のこと

ではこの新しいMacBook、「買い」なのか

予想していた通り、12インチ型MacBook人を選ぶデバイスである。グラフィックに負担が掛かるような作業には向かないが、そうでなければ意外と何でも卒なくこなすことができる、予想以上に優秀なデバイスだ。

12インチ型MacBookのメリットは薄く、軽く、格好良いということ。性能もそこそこで、個人的には新しいキーボードは最高に使いやすい。11インチ・13インチのMacBook Airと比べられることも多いが、Retinaディスプレイという素晴らしいディスプレイを搭載しているのは12インチモデルだけだ。

逆にデメリットとしては性能が今ひとつ突き抜けていないということ、そして性能の割には価格が高いということ。拡張性にはある意味長けているが充電ポートとしての使い勝手は最悪な「USB-C」を採用しているということ。本体がコンパクトである分、画面が狭いということ。

こうしてメリット・デメリットを洗い出してみると意外とメリットの方が多いということに気付く。価格が少々高いということを除けば魅力たっぷりのデバイスなのだ。

12インチ型MacBookを買うべきか。上記で挙げたデメリットを許容できるのであれば、僕が使用している1.3GHzにカスタマイズしたモデルは「買い」だと思っている。

クリイエティブな作業ではなく、Officeなどのビジネスアプリケーションを活用する人や、Facebookのタイムラインを眺めつつYouTubeを楽しみたいという人にはなかなか良いマシーンだ。画面も美しいので細い文字も流れる動画も見やすいはず。

発売される前に僕は12インチ型MacBookは未来を提示したApple渾身のネットブックであると書いた。実際に新しいMacBookを手にした今、改めて読み返してみても12インチ型MacBookは確かに「Apple渾身のネットブック」だと感じる。

ただ、かつて話題になった「ネットブック」とは訳が違う。しっかりと作業もこなせる、見た目がオシャレで格好良い最先端のノートブックだ。

12インチ型MacBookを買って良かった!これからもガツガツ活用するよ!

特集
関連情報
カテゴリMacBook
更新日2019年08月11日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook」新着記事
トレンド検索