薄型化・軽量化された新型MacBook Air、2021年後半に登場か

M1 MacBook Airのハイエンドモデルとしての位置づけか

MacBook Air Mini LED coming 2022 01

Appleは、現行モデルより薄く、軽くなった新型MacBook Airを発表する可能性がある。Bloombergによると、早ければ2021年後半または2022年に登場するという。

USB 4ポートを搭載、15インチモデルも検討されていた?

新型MacBook Airは、マグネット式充電規格「MagSafe」をサポートし、次世代のAppleシリコンチップを搭載する。ディスプレイサイズは13インチから変わらないが、ベゼルを薄型化することで小型化・軽量化されるそうだ。

新型MacBook Airの外部ポートは、少なくとも2つのUSB 4ポートが用意されている。Appleが今年半ばに発表を予定しているMacBook ProはSDカードスロットが復活する。

Appleは、新型MacBook Airを現行モデルの上位機種として位置づける計画だ。MacBook Airの15インチモデルも検討していたが、少なくとも13インチモデルとは発表されない見通しだ。

Appleに詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏は、ミニLEDディスプレイを搭載したMacBook Airが2022年に発表されると予測している。

これまでのニュースをチェックする

5本の記事を表示する
関連情報
更新日2021年01月22日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索