Apple、少なくも9種類の新型Macと4種類のM2チップを開発中か

MacBook AirやMacBook Pro、Mac miniなどM2チップ搭載Macが年内発表の見通し

Apple WWDC20 Keynote 2551

Appleは、少なくも9種類の新型Macと4種類の「M2」チップを開発している可能性がある。Bloombergが入手したサードパーティ製アプリのログ情報によると、「M2」チップはM1M1 ProM1 MaxM1 Ultraの後継バージョンが’準備されており、存在が確認されている9種類のMacは以下のとおり。

  • 「M2」チップ(8コアCPU、10コアGPU)を搭載したMacBook Air(コードネーム:J413)
  • 「M2」チップまたは「M2 Pro」チップを搭載したMac mini(コードネーム:J473、J474)
  • 「M2」チップを搭載した13インチMacBook Pro(コードネーム:J493)
  • 「M2 Pro」チップまたは「M2 Max」チップを搭載した14インチ/16インチMacBook Pro(コードネーム:M414、J416)
  • 「M2 Ultra」の後継チップを搭載したMac Pro(コードネーム:J180)

「M2 Ultra」チップは、GPUとして12コアまたは38コア、メモリとして64GBのオプションが用意されているという。M1 Maxチップを搭載したMac minがテストされていたが、Mac Studioの発売により「M2 Max」チップモデルは用意しないと見られる。

Appleは早ければ夏頃、多くは秋頃に多数の新型Macを発表する見通し。Studio Displayのファームウェアより、未発表の新型Mac miniの存在が判明。新型MacBook Air「M2」チップを搭載したMacBook Proは、2022年後半の発表が有力とされている。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Mac mini」新着記事
トレンド検索