新デザイン・複数カラバリの新型MacBook Air、WWDCで発表か

電池持ちは2時間長くなる計算、ディスプレイベゼルは白くなるとの情報

Twitter macbookair 4 2048x1181

Appleは、新しいデザインと複数のカラーバリエーションが用意された新型MacBook AirWWDC22で発表する可能性がある。Apple関連情報をリークしているMcGuire Wood氏が明らかにした。

M2」チップの搭載および微増したバッテリーにより、電池持ちはM1 MacBook Proと同等になるという。事実だとすれば、駆動時間の公称値は2時間長くなる。

また画面上部のカメラエリアにFace IDは搭載されないと説明しているが、MacBook Pro(2021)のようなノッチが用意されるかは不明。ディスプレイ周りのベゼルは白くなるそうだ。

BloombergのMark Gurman記者は、「もしWWDCで新しいハードウェアが発表されるとすれば、新型MacBook Airになるだろう」と予測。M1 MacBook Airの出荷は米国で遅れが発生しているが、日本では先月から変わっていない。

McGuire Wood氏は、iPhone 13の一部仕様を正式発表5カ月前に予測した実績を持つ。ただし内容は、著名ジャーナリストやアナリストが先に伝えた情報を独自ルートで”裏取り”したものが中心となっており、一次ソースとしての信憑性は定かではない。

新型MacBook Airの最新情報

7本の記事を表示する
公開情報
更新日2022年06月01日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Air」新着記事
トレンド検索