「OS X 10.8.3」にアップデートするだけでMacBook Pro Retinaモデルはバッテリーが20分以上伸びるらしいぞ!

Macbook pro retina
MacBook Pro Retinaディスプレイモデルを使っている人に朗報だ!

The Mac Observerによると、先日リリースされた「OS X 10.8.3」にアップデートをするだけでMacBook Pro Retinaディスプレイ搭載の15インチモデルの電池持ちが20分以上伸びることが分かった!

ソフトウェアが電池持ちに影響することを改めて確認

The Mac Observerの調査結果は以下の通り。テストしたのは「2.7GHz Core i7 MacBook Pro Retina 15インチモデル(Mid 2012)」。

10.8.3 Retina 電池持ち 【img via Cult Of Mac

「OS X 10.8.3」にアップデートしたことによって電池持ちの改善が確認されているはMacBook Pro Retinaディスプレイの15インチモデルのみで、テストが実施された2011年のMacBook ProとMacBook Airの13インチモデルについては変化が見られなかったそうだ。MacBook Pro Retinaディスプレイの13インチモデルはどうなのだろう…。

電池持ちが23分伸びるということが嬉しい人もいれば大したことがないと思う人もいるかもしれない。ただ、少なくとも言えるのはソフトウェアは電池持ちと確実にリンクしているということ。

次期iPhoneも「iOS 7」の革新的な進化によって電池持ちが2倍とかにならないかな…。


 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!


(via Cult Of Mac

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!