「OS X 10.8.3」にアップデートするだけでMacBook Pro Retinaモデルはバッテリーが20分以上伸びるらしいぞ!

Macbook pro retina

MacBook Pro Retinaディスプレイモデルを使っている人に朗報だ!

The Mac Observerによると、先日リリースされた「OS X 10.8.3」にアップデートをするだけでMacBook Pro Retinaディスプレイ搭載の15インチモデルの電池持ちが20分以上伸びることが分かった!

ソフトウェアが電池持ちに影響することを改めて確認

The Mac Observerの調査結果は以下の通り。テストしたのは「2.7GHz Core i7 MacBook Pro Retina 15インチモデル(Mid 2012)」。

10.8.3 Retina 電池持ち
【img via Cult Of Mac

「OS X 10.8.3」にアップデートしたことによって電池持ちの改善が確認されているはMacBook Pro Retinaディスプレイの15インチモデルのみで、テストが実施された2011年のMacBook ProとMacBook Airの13インチモデルについては変化が見られなかったそうだ。MacBook Pro Retinaディスプレイの13インチモデルはどうなのだろう…。

電池持ちが23分伸びるということが嬉しい人もいれば大したことがないと思う人もいるかもしれない。ただ、少なくとも言えるのはソフトウェアは電池持ちと確実にリンクしているということ。

次期iPhoneも「iOS 7」の革新的な進化によって電池持ちが2倍とかにならないかな…。

APPLE MacBook Pro with Retina Display (15.4/2.7GHz QC i7/16/512/HDMI) ME665J/A
アップル
売り上げランキング: 18,691


(via Cult Of Mac

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索