新型「MacBook Pro」、2008年に公開されたLenovoの広告にdisられる

New MacBook Air Parody Still Makes Sense

まだまだUSB-Aが主流である現在、全ポートUSB-Cに振り切った「MacBook Pro 2016」を買った人は手元にある周辺機器を使うためには様々なアダプタが必要になるだろう。

実は2008年に「MacBook Air」が初めて披露された時も同じようなことを言われていた。当時、LenovoがMacBook Air」のポート数の少なさを茶化した「ThinkPad X300」のテレビCMを公開していたが、新型「MacBook Pro」にも全く同じことが言えると話題になっている。

以下、どうぞご覧あれ!

個人的には1つのUSB-Cポートにこのアダプタをつければ事足りるので特に騒がれているほど不便さを感じていない。アダプタを買うことに怒り狂うぐらいならいっそのこと購入を見送るか、旧モデルや整備済みモデルを買って世の中がUSB-Cに移行するのを待つのはどうだろう。

(via Mashable

もっと読むMacBook Proまとめ
FOLLOW / 最新情報を購読