macOS Big Sur:Macの起動音が復活

懐かしい「ジャーン」の音が鳴るように、ユーザー側でオン・オフを制御可能に

Grzegorz walczak yoIIPcrWhjI unsplash

macOS Big Surは、Macの起動音が復活した。Appleは2016年に発表したMacBook Proから起動音を無効化コマンドで有効化する方法はあったが、デフォルトでは鳴らない仕様になっていた。

起動音は、システム環境設定の「サウンド」からオン・オフが切り替えられる。デフォルトでは有効。

MagSafe 2搭載MacBookは充電時に効果音が鳴るように

MacRumorsによると、MagSafe 2を搭載するMacBookは、macOS Big Surで充電時に効果音がなるという。Thunderbolt 3を搭載するMacはすでに対応しており、効果音はiPhoneやiPadの充電時と同じ音が鳴る。

macOS Big Surは、macOS 10.16に進化システムサウンドをすべてリマスタリングしている。

関連キーワード
公開情報
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. g.O.R.i(コメントID:583756)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:583754)
    あーこれ すごい嬉しいです、今年新しいのに変えた後からなくなったので、復活は嬉しい

    おかえり、って感じですねw

  2. 通りすがりの読者(コメントID:583754)

    あーこれ すごい嬉しいです、今年新しいのに変えた後からなくなったので、復活は嬉しい

「macOS Big Sur」新着記事
トレンド検索