Mac Pro、iFixit修理しやすさスコアは9/10を記録

ただしSSDはユーザー自身が交換することは不可能

Mac pro ifixit 1

Mac Pro(2019)の分解レポート公開したiFixitによると、同サイトが必ず公開する「修理しやすさスコア」はなんと10段階中9を記録した。Apple製品でこの修理スコアを見る日が来るなんて、誰が想像できただろうか。

内部のパーツはほとんどがユーザー自身の手で交換することができ、多くはドライバーさえも使わずに指だけでネジの開け閉めができる仕組みになっている(一部はプラスドライバーが必要)。RAMやGPUの交換だけではなく、Apple非公式ながらCPUさえも交換可能である構造になっていると指摘している。

残念ながらユーザー自身で交換できないのはSSD。AppleのT2チップで制御されていることから、仮にユーザー自身が取り外した場合、別のSSDを取り付けても動作しない仕組みになっている。

なお、iFixitは分解レポート公開前にMac Pro(2019)の筐体で「チーズおろし器」としての実力を検証。結果は以下の動画をどうぞ!

関連キーワード
カテゴリMac Pro
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Mac Pro」新着記事
トレンド検索