「Surface Go」、日本国内で7月12日予約開始、8月28日発売へ

Microsoft Surface Go Japan Release 1

Microsoftが現地時間9日に正式発表した10インチ型ラップトップ「Surface Go」は、日本国内で7月12日から予約を受付開始し、8月28日に発売開始すると発表された。


一般向けで64,800円から、教育機関向けは47,800円から

「Surface Go」は重さ約520g、薄さ8.3 mmのコンパクトな軽量ボディで、最大9時間駆動のバッテリーを搭載。プロセッサーにはブラウジング、メール、動画視聴をストレスなくできる、第7世代「Intel Pentium Gold Processor 4415Y」を採用。

「Surface Go」および対応アクセサリは、8月28日(火)より順次、一般向けには全国量販店グループおよび Microsoft Store(オンラインストア)から、法人向けには、Microsoft認定Surfaceリセラーおよび D-VAR(Device Value Added Reseller) 各社より販売する予定。

最小構成であるメモリ4GB、ストレージ64GBを搭載するモデルは、一般向けで64,800円、法人向けで52,800円、教育期間向けで47,800円となっている。

Microsoft Surface Go Japan Release 2

対応アクセサリの価格は下記の通り。なお、4,096段階の筆圧を感知し、傾きに対応している専用の「Surfaceペン」は別売り。

Microsoft Surface Go Japan Release 3

なお、一般向けモデルには「Office Home & Business 2016」を搭載しているが、法人向けモデル、教育機関向けモデルはOfficeは非搭載となっている。また、OSも、一般向けモデルは「Windows 10 Home(Sモード)」、法人モデル、教育機関向けモデルは「Windows 10 Pro」となっている。