ドコモは「Tizen」搭載スマートフォンを、KDDIは「Firefox OS」搭載スマートフォンをそれぞれ2013年度中に発売

Tizen firefoxos

スマートフォン市場を支配しているiOSとAndroidに新たなるチャレンジャーが登場だ!

日本経済新聞によると2013年度中にドコモは「Tizen」OS搭載のスマートフォンを、KDDIは「Firefox OS」搭載のスマートフォンを発表すると報じている!

自由に扱えるOSを元にサービスの多様化を狙う

ドコモが採用するOS「Tizen」は、SamsungやIntelによる共同開発プロジェクト。Linuxを基盤に作られているが、jQueryとjQuery Mobileをベースとしたアプリケーション動作環境が用意されているのでHTML5で作られたアプリケーションも動作することができる。

KDDIの採用する「Firefox OS」はFirefoxブラウザでお馴染みのMozillaが開発したOS。Tizenとは違い、完全にHTML5で書かれたOSであることが特徴。現在スペインで開催されているMobile World Congress(MWC)にてAlcatela、Huawei、LG、ZTEの4社に加えてソニーも同OSを採用した端末を開発することに名乗りを上げている。

「Tizen」と「Firefox OS」がiOSとAndroidの制する市場にどれだけ食い込めるか。それに加えてドコモとKDDIは新しいOSをどのような形で押し出していくのか。新しいOSによる業界の動きに注目だ!

(via ガジェット速報