GREE、OpenFeintを完全子会社化で世界最大規模のソーシャルプラットフォームに!

本日、GREEは全世界で7500万人のユーザーを誇るOpenFeintを完全子会社化で世界最大規模のソーシャルプラットフォームになった。以下、GREEのプレスリリースより。

本買収は、グリーの100%子会社であるGREE Internationalが新たに米国に設立した買収子会社とOpenFeint社が合併するスキームを採用しています。GREE Internationalは、本件買収に先立ち、GREE Internationalの増資を引き受けることにより、GREE Internationalに対して買収資金を拠出します。本買収に際しては、存続会社となるOpenFeint社の既存株主、ワラント保有者及びオプション保有者に対して買収対価として現金を支払います。これに伴いGREE Internationalは、本買収に際し、消滅する買収子会社の株式に代えて、OpenFeint社の新株式を取得します。本件買収はすべて手元資金で行うこととします。具体的なスキームについては、IR発表資料をご参照下さい。http://www.gree.co.jp/ir/news.html

この発表で気になるのは、2009年10月5日にAurora Feintと資本業務提携に基本合意をしたDeNAがどうなるのか。IR資料によると、資本業務提携だけではなく、株の18.3%を保有していたそうなので、かなり酷な状況に違いない。[11:22更新、 @kymtgt ありがとう!]

今となってはmixiも落ちぶれ、国内ゲームプラットフォームとしてはGREEとDeNAの二大巨頭だと思うが、OpenFeintの特徴でもある、友人との対戦機能、フォーラム・チャット等の充実したコミュニティ機能を活かせるのはDeNAというよりGREEなのだろうな、と直感的に思った。GREEとしては一気に世界に対するリーチが広がり、OpenFeintとしては正直分からないが国内市場にリーチが容易になったのかな。

2506万人が利用するGREEと世界中で7500万人が利用するOpenFeintのコラボレーションが、ソーシャルゲームにどのような影響を及ぼすのだろう。

(via GREE

あわせて読みたい