iPhoneでの有料課金に動きが!

今日、GREEに関する以下のニュースが発表されていた。

iPhone版「GREE」で有料アバターサービス開始

グリーは今年8月にリリースしたiPhone版「GREE」(ベータ版)に、有料サービスの第一弾としてアバターを導入した。ユーザーはPC・モバイル版と同様にアバターアイテムの購入が可能になると同時に、有料サービスの利用が可能になる。有料サービスの決済には、WebMoney、クレジットカードが利用できる。

正直なところ、アバターサービス自体の開始はどうでもよくて、どちらかというとWEB経由で有料課金がiPhoneで出来るようになったのが驚きだ。

元々GREEは3キャリア対応の公式サービスであり、キャリアの提供している課金代行サービスを利用してユーザーに課金させていたはずだが、ご存知の通り、スマートフォンになると利用できなかった。

しかし、今回の発表のようにWEBサービスであるGREEがアバターのアイテム課金に対応した。調べたところ、元々PC版でのアバターのアイテム課金は提供していて、WEB MONEYとクレジットの何れかを使って購入することが出来るようになっていたので、今回の場合はそれをそのままiPhoneに対応させたようだ。

▼購入画面はこんな感じ。WEB MONEYもしくはクレジットカードを選べるようになっている。

今までは、App Store経由での課金が主流だったのが、今回のGREEの発表を始め、mixiの3デバイス対応という動きから見受けられるように、iPhoneでのApp Store以外課金ビジネス面が今後活性化しそうな予感がする。

ただ、どんなサービスが生まれようと、ビジネスが成り立つのはユーザーありき。どの企業も社会貢献を謳っていると思うので、金を巻き上げるサービスを作るのではなく、ユーザーに価値のあるサービスを提供してもらいたい。僕もそれを肝に銘じたいと思う。

Apple新学期を始めようキャンペーン